医療保険のシミュレーション!年代・男女別で比較【ふわっと保険】

医療保険ランキング ランキング

医療保険のランキング~入院だ!手術だ!

医療保険は公的な医療保険と、生命保険会社・損害保険会社や共済が販売する医療保険があります。
このサイトでは民間の生命保険会社の医療保険をランキングしています。
これはあくまで私的なランキングになりますので、順位をそのまま信じず、医療保険が得意な会社があれば不得意な会社もあるという参考していただければと思います。

医療保険とは

なるべく簡単に医療保険を説明すると・・・
主契約という基本保障は、契約した「一日あたりの入院給付金」を保障することです。入院すると一日について○千円が給付されるとか○万円が給付されるとかですね。

この入院給付金は一回の入院についての支払限度日数があり、30日・60日・90日・120日・180日保障から選べるようになっています。
最近の入院支払限度日数の主流は60日が多く、保険料を安くするために30日を選ぶ人もいるようです。

ネットで保険料試算ができたり加入できたりする医療保険は30日・60日・120日から選択できる物が多く、入院支払限度日数180日は保険会社の営業職などと対面して加入するような医療保険で選べることが多いです。

医療保険は、特約という、任意で別途保険料が必要になる付加保障がたくさんあります。これらを解説するのは大変なので割愛します。

入院給付金の支払限度日数について

医療保険と言えば終身保障、つまり一生涯保障をする商品が主流です。たまに定期保障という一定期間だけを安く保障する医療保険もありますが、かなり少数だと思います。

終身保障の医療保険を選ぶ場合、老後の保障をどうするか?ということを考えるべきでしょう。例えば現在、80歳で骨折すると「治療入院」「とリハビリ入院」でだいたい三ヶ月半必要だそうです。
入院支払限度日数は日数に余裕を持たすべきでしょう。

あなたの安心を叶える理想的なプラン
リモート相談・電話相談など4種類
生保も損保も何度でも相談無料です
保険見直し本舗

医療保険のランキング方法

男女共に
保険ランキング要素 ①入院給付金日額5,000円
保険ランキング要素 ②保険料60歳まで払い
保険ランキング要素 ③一回の入院の支払限度日数60日、もちろん④保障期間は終身。
保険ランキング要素 この設定で20歳、30歳、40歳、50歳の保険料を比較しています。
各医療保険はこの①から④までの条件設定は揃うのですが、それらとは別の「各医療保険独自の設定」がばらついています。ネット上の試算では外したり設定を変えることができない設定条件です。

例えば
A医療保険は外来手術1回:25,000円・入院手術1回:50,000円の支給
B医療保険が外来も入院も手術給付金は10万円など、細かいところで違います。
これらを統一した条件にすることはできませんでした。

このような違いがあるので、医療保険のランキングは一概に保険料が安い・高いを比較するのが困難です。あくまで「超」参考程度ということで見て頂きたいと思います。

男女別医療保険のデータ

男性の医療保険ランキング

男性の医療保険・保険料グラフ
医療保険ランキング男性グラフ

女性の医療保険ランキング
医療保険ランキング女性表

女性の医療保険・保険料グラフ
医療保険ランキング女性グラフ

保険料表とグラフを比較すると

グラフを見るとなんかもう男女共に大差無いというか、ぱっと見同じ感じです。

保険料表を見ると、チューリッヒ生命が男女共に最安、メディケア生命、ネオファースト生命がほぼ同額で次を追う形ですね。
アクサダイレクト生命、オリッスク生命、ライフネット生命が中堅、アフラックがかなり遠いところにいます。

チューリッヒの手術給付は入院・外来共に1回:5万円でこの保険料です。アフラックは入院給付が細かく設定されていることもあって保険料が高くなるのでしょう。
この医療保険ランキングは、各保医療険商品の独自設定による保険料の違いを意識して頂くといいかもしれません。

今の保障内容を教わるだけでも大丈夫
気軽に専門家に聞いてください
店舗相談・電話相談など4種類
保険のアドバイスは何回でも無料です
保険見直し本舗

医療保険 総合1位:チューリッヒ生命

医療保険ランキング一位チューリッヒ生命
医療保険プレミアムDX

男性平均保険料:3,119円(男性1位)
女性平均保険料:3,396円(女性1位)
男女合算平均保険料:3,257円(総合1位)

保険商品独自の設定
入院中の手術・放射線治療:1回5万円
外来の手術:1回5万円
入院給付金の通算限度は1,095日
先進医療特約:通算2,000万円・先進医療一時給付金限度額15万円

保険料払込期間と設定できる入院給付金日額
10年払い・55歳満了・60歳満了・65歳満了・70歳満了・75歳満了、終身払い
設定できる入院給付金日額は5,000円、10,000円、15,000円。

医療保険 総合2位:メディケア生命

医療保険ランキング二位メディケア生命
メディフィットA

男性平均保険料:3,495円(男性2位)
女性平均保険料:3,568円(女性2位)
男女合算平均保険料:3,531円(総合2位)

保険商品独自の設定
入院中の手術・放射線治療・骨髄移植術:1回5万円
外来の手術:1回2.5万円
入院給付金の通算限度は1,000日
先進医療特約:通算2,000万円・先進医療一時給付金5万円

保険料払込期間と設定できる入院給付金日額
保険料払込期間は、終身、60歳まで、65歳まで、80歳まで。
設定できる入院給付金日額は3,000円から9,000円まで1,000円単位

医療保険 総合3位:ネオファースト生命

医療保険ランキング三位ネオファースト生命
ネオdeいりょう
非喫煙者割引

男性平均保険料:3,507円(男性3位)
女性平均保険料:3,686円(女性2位)
男女合算平均保険料:3,597円(総合2位)

保険商品独自の設定
入院中の手術・放射線治療・造血幹細胞移植、所定の骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の採取手術:1回5万円
外来の手術:1回2.5万円
入院給付金の通算限度は1,095日
先進医療特約:通算2,000万円・先進医療一時給付金無し

保険料払込期間と設定できる入院給付金日額
60歳払済・65歳払済、終身払
設定できる入院給付金日額は5,000円、10,000円。

本当に今の医療保障で大丈夫ですか
あなたの安心プランをアドバイス
電話相談・リモート相談など4種類
予約は簡単、相談は何度でも無料
保険見直し本舗

医療保険 総合4位:アクサダイレクト生命

医療保険ランキング四位アクサダイレクト生命
終身医療

男性平均保険料:3,938円(男性4位)
女性平均保険料:4,067円(女性4位)
男女合算平均保険料:4,002円(総合4位)

保険商品独自の設定
入院中の手術:1回5万円
外来の手術:1回2.5万円
入院給付金の通算限度は1,095日
先進医療特約:通算2,000万円・先進医療一時給付金10万円付き
死亡給付金:5万円

保険料払込期間と設定できる入院給付金日額
60歳満了、65歳満了、終身払
設定できる入院給付金日額は5,000円から15,000円まで1,000円単位で設定可能。

医療保険 総合5位:オリックス生命

医療保険ランキング五位オリックス生命
医療保険 新CURE

男性平均保険料:4,061円(男性5位)
女性平均保険料:4,242円(女性5位)
男女合算平均保険料:4,151円(総合5位)

保険商品独自の設定
入院給付金の支払限度日数について
病気・怪我:1入院60日限度
七大生活習慣病:1入院120日限度
三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)による入院:支払日数無制限
入院給付金の通算限度は1,000日
重い障害状態に該当すると以後の保険料は免除。

入院中の手術・放射線治療・骨髄移植、先進医療、骨髄幹細胞の採取術それぞれについて:1回10万円
外来の手術:1回2.5万円
先進医療特約:通算2,000万円

保険料払込期間と設定できる入院給付金日額
60歳満了、65歳満了、終身払
設定できる入院給付金日額は5,000円または10,000円で設定可能。

保険選びや保険料で悩んでいませんか
老後の保障も支える、しっかりしたプラン
もちろん、保険相談は何度でも無料です
保険見直し本舗

医療保険 総合6位:ライフネット生命

医療保険ランキング六位ライフネット生命
新じぶんへの保険

男性平均保険料:4,168円(男性6位)
女性平均保険料:4,383円(女性6位)
男女合算平均保険料:4,275円(総合6位)
保険商品独自の設定
入院給付金の支払限度日数について
5日以内の入院は一律5日分の入院給付金
入院給付金の通算限度は1,095日

入院中の手術:1回5万円
外来の手術:1回0万円(対象外)
先進医療特約:通算2,000万円

保険料払込期間と設定できる入院給付金日額
保険料払込期間は、終身・60歳まで、65歳まで の三種類
設定できる入院給付金日額は5,000円 / 8,000円 / 10,000円 / 12,000円 / 15,000円 で設定可能。

医療保険 総合7位:アフラック

医療保険ランキング七位アフラック
ちゃんと応える医療保険EVER

男性平均保険料:4,583円(男性7位)
女性平均保険料:4,806円(女性7位)
男女合算平均保険料:4,694円(総合7位)

保険商品独自の設定
5日未満の入院:一律5日分 25,000円
5日以上の入院:1日 5,000円
入院給付金の通算限度は1,095日

手術 重大手術(肺切除術・胃切除術・腎移植術・他):1回 20万円
入院中:1回 5万円
外来:1回 2.5万円
放射線:1回 5万円
先進医療特約:通算2,000万円

保険料払込期間と設定できる入院給付金日額
保険料払込期間は、終身払い・60歳まで払い、60歳から終身までの間半額になる払い方 の三種類
設定できる入院給付金日額は5,000円または10,000円 で設定可能。

毎月の暮らしを圧迫しない、嬉しいプラン
専門家が、わかりやすく教えてくれます
医療保険も何回でも相談無料です
保険見直し本舗

医療保険は保障内容で決めましょう

医療保険は、自分で調べただけでは知ることが無かった保障が、後の自分にとって重要な保障だったりします。
保険料が高めだったので選ばなかった医療保険に、重要な保障が付いていたことを入院してから知ってしまうと、後悔しか残りません。

2回の入院が1入院に圧縮される!?

医療保険は老後を考えて終身保障を選ぶ人が多いでしょう、と言うよりも一生涯の保障にするのが当たり前です。
そんな医療保険に「180日未満の1入院通算」というものがあるのをご存知でしょうか。

例えば40歳で入院給付日数60日の終身医療保険に加入して、80歳になって
1.肺炎で30日入院
2.肺炎の入院の退院日から5ヶ月(153日)後に骨折し、治療とリハビリで50日入院
したとしましょう。
1の肺炎入院で30日分の入院給付が受取れますが、2.の骨折入院で何日分の入院給付金がもらえるでしょうか。
答えは30日です。つまり、50日の入院日数のうち給付された30日分を除いて20日分は自腹です。
これは「複数回の入院のうち、最初の入院についての退院日の翌日を1日として、180日以上離れず次の入院が始まった場合は、この2回の入院を1入院に通算する」という仕組みなのです。
肺炎と骨折入院は151日しか離れていないため、2回の入院は80日の1入院と保険会社に数えられて、80日分のうち60日分の入院給付金を支払った結果が、肺炎入院で30日分、骨折入院で「30日分」の支払となったのです。
これを老後に骨折してから知るなんてことも、あり得るのです、なんか酷い話ですよね。

保険会社毎に違う1入院通算

ですがこんな1入院通算も保険会社で基準が違いまして、大きく分けて3種類の基準があります。
A.肺炎と骨折など、病気入院と怪我の入院についてはそれぞれ別個の入院扱いになる
B.例えば肺炎と肝臓がんの場合、病気という範疇ではあるがその原因が違うので別個の入院になる
ABの場合は2回の入院間が180日以上離れていなくても、契約した給付日数内で満額の給付金がもらえます。
ですが、先に書いた例のように
C.病気でも骨折でも複数回の入院の原因に関連が無くても、180日以上離れていない入院は全て1入院通算
とする保険会社(有名外資など)もあります。
これは老後になって知ったら大変なことですので、医療保険を検討する場合は必ず複数社の医療保険を比較しましょう。

最後に保険料が安い医療保険は、他社では普通にある保障が欠けているかもしれません。
ですので180日1入院通算も、手術給付金の違い、入院給付金の違いなどをも細かく比較すべきです。
細かい比較は自分で資料を集めて細かい字を読むよりも、複数社の保険を扱える保険の専門家に聞くのが早くて確実ですよ。

あなたに合う最適な医療保険は?
複数社の保険会社を一括比較できます
しっかりしたプランで、ひとつ上の毎日
無理な勧誘は禁止なので安心!
店舗相談・リモート相談など4種類
予約は簡単、保険相談は何回でも無料

保険見直し本舗