外貨建て保険はどんな保障なの?仕組みと特徴【ふわっと保険】

日本で販売している外貨建て保険というと、その多くが米ドル(USドル)建てで、次に豪ドル(オーストラリアドル)建てになります。
保障なら円貨の保険がいいかもしれませんが、外貨建て保険は外貨の高い利率による効率の良い資金の運用が魅力です。

外貨建て生命保険とは

日本の生命保険の保険料の支払いは一般に「円」です。
外貨建て生命保険は「外貨建て」ですから「外貨」で保険料の支払いを行い、運用も外貨で行います。
外貨保険で代表的なものは「USドル」「豪ドル」「ニュージーランドドル」「ユーロ」があります。

日本にも終身保険や養老保険があるのに、なんでわざわざ外貨建ての保険に加入するのか?と言われそうですが、通貨による「利率」が根本的に日本と諸外国では雲泥の差なのです。
外貨建ての養老保険や年金保険、終身保険を、保障というよりもお金の運用目的で外貨建てにすると、その解約返戻金などが、利率が低い日本円で運用する保険商品とは大きな差になるのです。

外貨ならではの高金利で解約返戻金などが大きくなるので、日本において外貨建ての生命保険が人気です。
また生命保険は金融商品なので、手持ちの資産を分散して将来起こりそうな危機に備えるという意味もあります。

円貨で受け払いできる外貨建て保険

外貨建て保険は外貨で受け払いする必要がありますので、以前は外貨建て生命保険を契約するときに、外貨を扱える銀行で米ドル受払やユーロ受払の専用口座を作る必要がありました。
今では外貨建て保険は当たり前に保険料・保険金の受払も「円」でできる特約が無料で付くので、面倒くさい外貨口座開設の必要が無くなりました。

円で支払っても自動で外貨に換算して入金してくれますし、解約などでお金を受取るときも外貨を円貨に換算して円貨入金してくれるのです。
また、目標値まで増えたときに外貨の解約返戻金を自動で全額円換算してくれる便利な機能を持つ、外貨建て終身保険や年金保険などもあります。

最強通貨は米ドル

日本円を外貨に換算して資産の運用目的に使うための生命保険なので、やはり利率が気になるところですが、豪ドルとニュージーランドの利率が比較的高く、その次が米ドルの利率になる傾向です。
少し前には「豪ドル」もかなり利率がいいので人気があったのですが、やはり安心感がある「USドル」が圧倒的に多数を占めます。

外貨建て保険の商品数は
米ドル建て>豪ドル建て>ニュージーランドドル建て>ユーロ建て
になります。
この記事を書いている時点で、ユーロ建て商品は販売中止にしている保険会社が散見されますので、実質的に外貨建て保険は三カ国のドル建て保険に大別されるでしょう。

保険種の仕組みは同じ

資金運用目的の外貨建て保険は、終身保険、養老保険、年金保険の三種類になります。
各保険種の保障の仕組みは日本で販売されている保険と同じですが、中身が外貨というとわかりやすいでしょう。
ですので、保険料を支払う度に、あるいは何らかの入金を受ける度に、為替変動の影響を受ける保険になります。

外貨建て保険は円高・円安に影響されます

高い利率が魅力の外貨建て保険ですが、外貨での保険料は一定でも、他国通貨に換算するときに為替レートの影響を受けるので、円貨での保険料支払金額は変化します。また円貨でのお金の受取りも為替レートの影響を受けます。

外貨建て保険はレートの影響を受けます

外貨建て保険も毎月払いや年払いなど保険料を複数回支払う商品と、契約時に大金を一回だけ支払う商品があります。

複数回払いの保険料は、(月払いの場合)毎月の保険料は支払時のレートによって変わるの特徴です。
例えば月額保険料が100ドルの保険に加入した場合の保険料は
先々月:1ドル110円→11,000円
先月:1ドル116円→11,600円
今月:1ドル108円→10,800円
このように変化します。

毎月の保険料の変化はスマホの月額料金と一緒だな。程度に考えると、為替変動による毎月の保険料の変化も気になりません。
ですが、運用効率優先で高額な保険料の外貨建て保険を契約した場合、例えば毎月1,000ドル の保険料の場合
先々月:1ドル110円→110,000円
先月:1ドル116円→116,000円
今月:1ドル108円→108,000円
などと変化すると、スマホ料金の変化程度ではありません。
この変化がお得とか有利に働けばいいのですが、悪い方向とか損する方向に働くことも知っておく必要があります。
まずは為替変動の理解と覚悟が必要になるのが、外貨建て生命保険でもあるのです。

円高・円安の知識は必要です

外貨建て保険を検討する際に、円高・円安の知識は必須です。
実際に外貨保険を検討するときは保険募集人が詳しく教えてくれると思いますが、一応ここでも簡単に円高・円安の知識を紹介しておきましょう。

円高とは

円の価値が上がるのが円高です。
例えば昨日1ドル120円だったのが今日は1ドル100円に変化した時は円が下がったように見えますが、日本からすれば、例えば昨日1ドル120円だったアメリカ製の板チョコ1枚が、今日は100円で買えてしまうのです。
同じアメリカの板チョコなのに、昨日より20円も安く買えたのは円の価値が上がったことになりますので「円高」になります。

アメリカ側から見て見ましょう。
昨日は1ドル出せば日本の120円のポテチが買えたのに、今日は1ドル20セント出さないと120円のポテチしか買えないとしたら、ポテチが値上がったのでは無く円が高くなったことになりますよね。

円安とは

少し極端に考えてみましょう。
去年:1ドル100円
今年:1ドル140円
1年前アメリカの板チョコ1枚が100円で買えました。なのに今年は同じ板チョコが140円も出さないと買えません。円の価値が下がった(安い)からドルが高くなる。これが円安になります。

世の中には10,000ドルもするブランドバッグがあるそうですが、去年は10,000ドル→100万円で買えたバッグが今年は140万円出さないと買えないようなものです。
ドルの価値が4割も高くなった→円の価値が激減した→円が凄く安くなった。ということになります。

一時払い保険は円高時の加入が有利

外貨建ての保険料一時払い(保険料一回払)商品は、保険加入時に1万ドル以上などの高額保険料を一度だけ支払いますので、一時払い商品の場合、理想を言えば加入するなら円高の方が有利です。

例えば一時払い保険料10,000ドルの外貨建て保険に加入するとき、去年なら100万円で加入できたのに、同じ10,000ドルの保険に加入するのに140万円も出さなければいけないとしたら、円安過ぎて大損で、言葉は悪いですがアホ臭いですよね?
10,000ドルの一時払い外貨保険に加入するにも、一週間前が円貨で120万円だったのが今週は110万円で加入できるのなら、今週が加入のタイミングかもしれません。

外貨建て保険の為替差損対策

外貨建て保険商品は、お金の受取り時に円高だと大きな為替差損が生じて大損することがありますので、為替差損を避ける仕組みがある保険商品もあります。

外貨建ての、養老保険の満期金を受取る時、保険料支払期間終了後の終身保険の解約返戻金を受取るとき、年金保険の年金を受取るとき、死亡保険の死亡保険金が受け取れる時は、円安が有利です。
外貨建て保険でお金を受取るときは、円安時に限るとも言えます。
例えば養老保険の満期金10,000ドルを、1ドル108円の時に受取ると108万円ですが、1ドル115円の時に受取れば115万円の受取です。

為替差損による元本割れが怖い

例えば、1ドル110円のときに一時払いで20,000ドルの養老保険に、2,200,000円を支払って加入し、5年後に満期金が22,000ドルに増えたとしましょう。

満期金を円貨に換算して受取るのはいいのですが、そのときのレートが1ドル97円という円高になっていたら、22,000ドルx97円=2,134,000円です。
ドルでの満期金は5年で1割増えているにも関わらず、円貨で受取ると2,200,000-2,134,000=66,000円ので、保険料支払総額よりも受取が低くなる元本割れです。
これは避けたいですよね。

外貨建て保険の為替差損回避策

最近の外貨建て保険は、保険金などの受取を延期することができる機能や、円貨で受取らずドル専用口座を作ってドルで受取る方法などで、為替差損を回避する仕組みが組み込まれている商品があります。
外貨建て保険は目先の利率の大きさだけで無く、このような為替差損回避策や、お金を増やすための運用の仕組みも知っておく必要があります。

少しの為替差損なら大丈夫
先の例で、1ドル110円の時に加入したのに満期金受取時は1ドル97円に高騰していて元本割れという話を書きましたが、満期金受取時のレートが107円だったらどうでしょうか。
20,000ドル→2,200,000円で加入して、5年後に22,000ドルx107円=2,354,000になり、2,354,000/2,200,000=1.07なので、5年で7%ほど増えれば上出来とも言えます。
このページで書いた保険料や為替レートなどはあくまで例ですが、外貨建て保険は利率と費用を試算して、将来1ドル何円までなら円高になっても大丈夫。というシミュレーションを立てておく必要があります。

外貨建て保険特有の費用があります
外貨建て保険は円貨の保険では有り得ない費用があり、契約の締結・維持費用、運営費、為替手数料、その他費用などがあります。
特に保険会社毎に極端に違う費用が為替手数料で、安い保険会社は1ドルについて0.01円ですが、高い保険会社は1ドルについて0.5円と、50倍の開きがあります。
また、円→ドルに換算する場合とドル→円に換算する場合で為替手数料が違う会社もありますので、外貨建て保険を検討するときは、パンフレットの隅の細かい字まで確認すべきです。

外貨建て保険のまとめ

外貨建て保険のお金を増やす仕組み
●選んだ外貨による利率の違い
●払込保険料の運用方法
●定額運用か変額運用か。または一部変額運用か

費用や為替差損回避策など
●目標値に達成したら自動で円貨確保する機能
●受取り金の繰り延べによる為替差損回避策と繰り延べ期限
●各種費用の比較、特に保険会社による為替手数料の違い
これらを比較する必要があり、先に書いた円高シミュレーションも必要です。

後悔しない外貨建て選びが大切です

後から「他社商品にすれば良かった・・・」と後悔しないよう、外貨建て保険を検討するときは必ず複数社複数商品比較することも大切です。
●自社商品だけの説明販売が可能な保険会社の営業職
●普段は保険の販売をしない、金融機関の窓販
は、あまりおすすめできません。

また外貨建て保険は、パンフレットを見て運用方法や商品に盛り込まれた為替差損対策を理解することが難しいので、保険のプロなどにわかりやすく説明して貰うのがベストです。
外貨建て保険を考えるのであれば、複数社の保険商品の説明販売ができる保険の無料祖談などが良いでしょう。

保険の無料相談は、保険分野を得意としている(FP:ファイナンシャルプランナー)があなたの自宅や勤務先に出向いてくれる「保険コネクト」をおすすめしています。
保険コネクトは、イエローカード制があるので強引な勧誘などは無く、保険の相談は何度でも無料です。

保険コネクト